体育の日の由来・背景

最近ではハッピーマンデーとなりました、「体育の日」
秋の季節に運動を!として制定されてると思っている方いませんか?

そんな勘違いが多いとか少ないとか。
ということで、ハッピーマンデー以前に制定されていた
「体育の日」について由来というか背景をご紹介。


もともとは、東京オリンピックの開会式が行われた、
10月10日を体育の日としていました。
つまり、季節としてのスポーツの秋とは関係ないのです。

オリンピックと言うスポーツの祭典にちなんだ日なのです。

とは言え、東京オリンピックは1963年(昭和39年)に行われ、
体育の日は1966年(昭和41年)に制定されており、
国民の祝日となるまでには、それなりの手続きも必要だったりと
したことでしょうが、当然若干の時差があるのです。


ちなみに、体育の日にゆかりと言うか、
縁を持つ東京オリンピックですが
夏季オリンピックとしては異例とも言われるほど
遅い日の開会式だったようです。

今ほど夏の暑さは厳しくないにしても、
夏本番よりは出場選手にしても観客にしても
少しは涼しい秋で良かったことでしょう。

仮に夏本番の8月に開会式をして、体育の日が8月になっていたら…
とても運動する気にはならない日だったことでしょう。


2020年には再び東京オリンピックとなるようですが、
新たな祝日に繋がることは起こるのでしょうか?
みなさんはどう思いますか?
スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク